AGA治療にかかる費用を知り治療に備えよう!

AGA治療を行う上での課題

agaはなにもしないまま放置しておくと、症状がどんどん進行してしまい、気が付いた時にはもう男性特有の頭頂部が目立つ髪型や生え際がM字の状態になってしまいます。
しかし、困ったことにaga治療には保険が適用されませんから、薄毛の克服にかかる費用はかなりのものになってしまいます。agaの影響を受けにくい後頭部の髪の毛を移植する自家植毛も有名ですが、やりたくても料金が高いので現実的に手が出せないという人も多くいます。

ですから、「どうやったら少しでも出費を安く抑える事が出来るのか?」ということが、agaを治していくうえでの課題となります。

まず治療でよく使用される内服薬ですが、これも効き目があるものの保険外となりますから、複数飲まないといけない人は一か月に一万円以上かかります。でも、個人輸入を代行で行ってくれる薬局系の通販サイトならジェネリックで比較的に安く購入することが可能です。薬よりも費用を抑えたいなら、似た効果があるノコギリヤシのサプリメントが比較的安価です。

専門クリニックで行われている人気の治療法に、発毛メソセラピーで成長因子を使って髪の毛が生えやすいようにするというものがあります。効果は高いですが、やはり費用を気にする人はいるでしょう。

実は、成長因子の効果を得る方法はメソセラピーだけではありません。育毛剤にも成長因子入りのものがすでにあるのです。生活習慣を正して、ちゃんとした使い方をすれば発毛効果は出てくるはずです。

ジェネリック医薬品についてもう少し踏み込んで

前述のとおり、agaの治療をクリニックで行う場合は、保険適用外になることですべて自己負担になっています。日本は国民皆保険制度があることで、一定の治療をすべての国民が受ける体制が整っている世界でもまれにみる福祉国家です。しかしagaのような命や健康に害があるものではない治療は保険を使うことができません。よってお金が掛かってしまいます。それを抑えるにはジェネリック医薬品を用いると良いでしょう。費用を抑えることに貢献します。

ここでいうジェネリック医薬品は後発医薬品ではなく、特殊な事情で販売されている医薬品です。インドの製薬会社が製造している医薬品で、本来ある特許がない製品を購入することで医薬品を安く入手できます。クリニックで掛かる1ヶ月分の費用の半分で半年の医薬品を購入することができますので、費用対策にはばっちりです。個人輸入代行業者から入手することができます。

ただし注意点もあります。医薬品ですので副作用には気を付けましょう。いきなりaga治療をするために、インドの製薬会社を利用するのは正しい入手方法ではありません。まずはクリニックで医師のもとで医薬品を服用して、副作用の有無を確認してください。そのあとにジェネリック医薬品を個人輸入で購入すると良いでしょう。他の医薬品と比較すると、副作用が出にくいことで知られているaga医薬品ですが、まれに健康被害がでるようなこともありますので、注意して治療をすることをおすすめします。

AGA治療にかかった費用を確定申告で取り戻す

agaは健康保険の対象外となることから、治療は自由診療として全額自己負担が基本となりますが、全ての費用を支払っていては生活に負担がかかってしまいます。agaには投薬治療、メソセラピー、harg療法、植毛といった様々な治療方法があり、安くすることはもちろんのことですが、それでも自己負担となればいくら安くしてもそれなりのお金はかかるものです。薬代だけでも年間なら1万円は軽く超えてしまい、場合によっては10万円を超えることも少なくありません。それだけの費用を使い捨てというのも心苦しいところなので、確定申告時に医療費として申告すれば税金が戻ってくることがあります。確定申告による医療費控除は、家族総額でかかった医療費が10万円を超えることで申告することができ、これを所得税の控除額として税金の一部が返ってくる仕組みです。何でも認められるというわけではありませんが、例え健康保険の対象外でも、治療と認められれば薬代や手術費用、通院時の交通費なども含まれるので、aga治療においても認められる可能性が十分にあります。また、10万円を超えなければいけませんが、トータルで良いので、他の治療費で8万円、aga治療で3万円であれば合計11万円の出費となるため申告することが可能となります。agaの治療薬はよほどの例外がない限りは薬代として認められることが多いので、条件が合えば申告しておいた方が良いです。本当に認められるか不安という場合は、提出する前に近くの税務署に連絡して確認しておくと良いでしょう。



このページの先頭へ